外国人雇用を検討中の企業様へ

外国人雇用のメリット

多言語対応
販売・接客等の業務において首都圏を中心に外国人の顧客が増える中、外国語を話せるスタッフの存在は非常に大きいです。お客様としても十分なコミュニケーションが取れないお店では心理的ハードルが高く、逆に同じ出身国のスタッフがいる場合には円滑なコミュニケーションが可能なうえ、安心感が得られるといったメリットもあります。その他、海外展開する際には海外営業や現地調査、手続き関連など海外での活躍も期待できます。
外国人の視点
販売先や契約先など外国の方を対象とした事業においては、その国独自の視点も重要です。世界には様々な価値観や風習があり、必ずしも日本と同じ商品・同じ手法が適しているとは限りません。対象とする国の人間が社内にいれば、商品開発から店頭のレイアウト、営業や接客の手法にも、その国独自の作法や好みを取り入れることができます。
多様化
様々な背景の人材が入り混じる事により、社内に多様性が生まれます。日本では終身雇用の会社も多く社内で同じ価値観を共有しやすい反面、価値観が閉鎖的で保守的になり易い面もあります。海外から様々な人材を取り入れることにより異なる価値観が混ざりあうため、社内の活性化にも繋がります。
積極性
海外から来た人には積極的な人が多いです。日本人の国民性としてシャイな面があり、多くの人は強い主張をあまりしません。それは協調性などにおいては美点でもありますが、ビジネスにおいて悪く働く場合もあります。その点海外では積極性のある人材が多く、営業や販売など多くの面で日本人とは違った活躍が見込めます。またこれは日本人にも言えることですが、外国語を学び海外に移住し働くというのは大きな冒険であり、外国から来た人材はバイタリティに溢れています。こういった人材は、本人の活躍はもちろん周囲にも良い影響を与えるため、企業にとってもプラスとなるはずです。

問題点と走出趣(ゼットシーキュー)の対応

環境面
基本的に日本語能力の高い人材の紹介を対象としていますが、日本語が上手いからといって必ずしも円滑なコミュニケーションがとれるとは限りません。日本人とは異なる背景や価値観を持っているため、コミュニケーションにおいて問題が生ずることもありえます。走出趣(ゼットシーキュー)では就労後もヒアリングやカウンセリングを行うとともに、必要に応じて話しやすい環境を構築し、長期の就労に至るよう尽力致します。また新しい生活に対するお手伝いとして、住居やインターネット、ケータイ等の契約に関してもサポート致します。
ビザ
外国人が日本で働くためには、就労ビザの発行が必要です。既に別のビザで日本に滞在している場合であっても、本格的に日本で働くためには新たに就労ビザの発行が必要です。走出趣(ゼットシーキュー)では外国人のビザに強い行政書士と専属契約を結んでいるため、就労ビザの発行手続きに関しては全面的にお任せください。
事前研修について
走出趣(ゼットシーキュー)では販売やサービス出身のスタッフが多く在籍しているため、接客サービスにおいて事前研修を実施しています。またその他の業種においても、就労前にビジネス用語やビジネスマナーに関する事前研修を行っています。
button contact